FC2ブログ

記事一覧

『私とは何か「個人」から「分人」へ』 平野啓一郎著

他者と共に生きるということは、無理強いされた「ニセモノの自分」を生きる、ということではない。(p6)



たった一つの「本当の自分」など存在しない。裏返して言うならば、対人関係ごとに見せる複数の顔が、すべて「本当の自分」である。(p7)



分人とは、対人関係ごとの様々な自分のことである。恋人との分人、両親との分人、職場での分人、趣味の仲間との分人、・・・・・・それはら、必ずしも同じではない。(p7)



八方美人とは、分人化の巧みな人ではない。むしろ、誰に対しても、同じ調子のイイ態度で通じると高を括って、相手ごとに分人化しようとしない人である。(p81)



分人化には、人それぞれのペースがある。そこを見誤ると、分人化は失敗してしまう。(p82)



お互いに、心地良い分人化を進めるためには、相手がどういう人なのかをよく見極めなければならない。(p85)



足場となる分人(p90)



私たちは、日常生活の中で、複数の分人を生きているからこそ、精神のバランスを保っている。(p115)




いろいろ掘り下げたいところ満載の良書でしたが、図書館の返却期限が本日となってしまい(きゃーーー)、・・・・・・自分用のメモで失礼します。が、上記の引用を読んだだけでも、面白さは伝わるのではないでしょうか。

自分ってなんだろう?と考える(考えた)ことのある人はぜひ。人間関係に疲れを感じている(感じたことのある)人にもオススメです。って、全員か?いや、感じたことのない人もいるのか!?w




分人平野マチネ


『マチネの終わりに』も読みたい♪









★ 本の紹介カテゴリーはこちらより

★ほかのカテゴリーは・・・

  レッスン関連
  
  体・心関連

  心・人生関連

  日記

  ふっ と・・・










関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あけみ

Author:あけみ
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく周りの人も元気になれます。

体と心を整えるお手伝いを
マットピラティス他を通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住akemiが
日々感じたことを綴っております。

今日も明日も好い加減で(^^)♪