FC2ブログ

記事一覧

佐藤多佳子著『しゃべれどもしゃべれども』 と“良し”について

しゃべれども


佐藤多佳子著『しゃべれどもしゃべれども』より、もうひとつ。



 自信って、一体何なんだろうな。
 自分の能力が評価される、自分の人柄が愛される、自分の立場が誇れる―そういうことだが、それより、何より、肝心なのは、自分で自分を“良し”と納得することかもしれない。“良し”の度が過ぎると、ナルシシズムに陥り、“良し”が足りないとコンプレックスにさいなまれる。だが、そんなに適量に配合された人間がいるわけがなく、たいていはうぬぼれたり、いじけたり、ぎくしゃくとみっともなく日々を生きている。
 綾丸良は“良し”が圧倒的に足りない。十河五月も“良し”がもっと必要だ。村林優は無理をした“良し”が多い。湯河原太一は一部で極度に多く、一部で極度に少ない。外山達也は満タンから激減して何がなにやらわからなくなっている。

 


“良し”を他人との比較でみてしまうとつらくなるでしょうね。「世間」は流動化するものだから、良しの基準も変わっていく。そんな曖昧模糊とした世間や他人に合わせようとすると右往左往して疲労・疲弊してしまう。疲れたくないからわたしはそこから一抜けしました。という話は以前のこちらでも。



良しのところもあるし、もっと良しにしたいところもあるし・・・細かく見ればそれぞれあるけど、良しが少ないところも愛おしい。この頃はそんな気分でございます。

そして、
自信があろうがなかろうがいまを精一杯生きていこう。と、あらためて決意させてくれる「8月」です。







yoga ヨガ
 明日も好い加減で(^^)/



★“良し”にはいろいろあるんだってことも、教えてくれる読書です
















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akemi

Author:akemi
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく周りの人も元気になれます。

体と心を整えるお手伝いを
マットピラティス他を通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住akemiが
日々感じたことを綴っております。

今日も明日も好い加減で(^^)♪