FC2ブログ

記事一覧

映画『百円の恋』

切ない女からかっこいい女へ


 映画『百円の恋』
 監督:武 正晴
 キャスト:安藤サクラ 、新井浩文ほか




せつない。
動物園デート(!?)の一子の服装が切ない。
花柄のワンピースと数字の描かれた鞄の取り合わせの“ちぐはぐさ”が切ないです。
鍋を囲むシーン、めんつゆのふたが開けっ放しとかも切ないです。


ボクシングに出合い、一子は変わっていきます。
男と別れて(捨てられて)プロボクサーテストを受ける決意をするあたりから、変化は加速していきます。


一子がえらいのは、あきらめなかったこと。
ジムのオーナー(?)にプロボクサーテストを受けたいと言ったときにも試合に出たいと言ったときにも断られているのにあきらめなかったこと。
諦めずに嘆願し続けたのではなく、諦めていないということを行動で示したこと。


かっこいいぞ。一子。

切ない女からかっこいい女へ。


**


『万引き家族』の安藤サクラさんがすごくよくて、安藤サクラ主演ということで観てみた『百円の恋』。
この映画の安藤サクラさんにも惹きこまれました。

映画全体もよかったのですが、安藤さんでない別の人の演じる一子はちょっと想像がつかないなあ。
それくらいはまり役でした。というか、そう感じさせるのは演技力のなせる技なのでしょう。


  ☆あらすじなどは、映画『百円の恋』公式サイトへリーンク









yoga ヨガ
 明日も好い加減で(^^)♪



いつもは本。ときどき映画。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akemi

Author:akemi
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく周りの人も元気になれます。

体と心を整えるお手伝いを
マットピラティス他を通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住akemiが
日々感じたことを綴っております。

今日も明日も好い加減で(^^)♪