記事一覧

『仕事は楽しいかね?』デイル・ドーテン著、野津智子訳

結論、オススメ(^^)/


仕事は楽しいかね?

  『仕事は楽しいかね?』
  デイル・ドーテン著、野津智子訳



わたしは、「仕事」を「人生」と置き換えて読みました。
仕事は楽しいかね?→人生は楽しいかね?



試してみることに失敗はない



“明日は今日とは違う自分になる”だよ。



きみは、最初に陸にあがった魚は
長期にわたる目標を持っていたと思うかね?



“遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る”



成功するというのはね、右に倣えをしないっていうことなんだ。



“適切な時”とか“完璧な機会”なんてものはないということ。




どれも「仕事」に対してのコメントですが、「人生」「生活」に対して、と置き換えてみてもしっくりくるのでは。


「とどのつまり、“成功を真似る”という哲学を表している。そういえば、フットボール選手のレイモンド・ベリーが、クォーターバックのコーチになることについて話をしていたな。彼は優れたクォーターバックを片っ端から研究して、パスの極意を見つけようと思った。結局、どんなことがわかったか。彼らに共通することはただ一つ。それは“それぞれ違ったふうにボールを投げている”ということだった」



>それぞれ違ったふうにボールを投げている

どんな投げ方が自分にしっくりくるのか、それが分かるのは自分だけ。

どんな風に生きるのか、それを決められるのも自分だけ。

いろんな投げ方を試してみよう(^^)/







yoga ヨガ
 明日も好い加減で♪






読書は楽しいかね?





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miura

Author:miura
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく周りの人も元気になれます。

体と心を整えるお手伝いを
マットピラティス他を通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住miuraが
日々感じたことを綴っております。

今日も明日も好い加減で(^^)♪