記事一覧

『米国人博士、大阪で主婦になる。』を読みました。

ボストンで博士号まで取ったキャリア女性(36)が日本で恋に落ちた。
国際結婚、異国での慣れない生活、不妊治療・・・・・・
葛藤と喜びに満ちた、その奮闘の日々。
  ~トレイシー・スレイター著『米国人博士、大阪で主婦になる。』帯より~



日本で恋に落ちるまで「絶対にしない!」と誓っていたこと
◎ボストン住まいを手放すこと
◎男に依存すること
◎古くさい核家族を持たないこと
  ~同著表紙裏より~ 



知人の紹介で読み始めた本でした。
男に依存しないこと。
これは、私も同じように誓っていて、それゆえ結婚もしないだろうなーと過去に思っていたことだったので、同志として(笑)興味を覚えたのです。
私の場合、結婚とは他人に依存することで不自由になることではなく、寧ろ、より自由になれることだと感じさせてくれる男性に出会ったことで結婚を決めました。あ、今の夫です。笑。あ、のろけです。笑
さてさて、トレイシーさんの場合、何が彼女の心を変化させたのか・・・。

IMG_3158.jpg

 人の心(価値観)は、頭(脳)(思考)では変えられない。
 頭で考え+体で感じることで変わってゆく。というか、体で感じないと変われないよね。

というようなことを、以前、隠れ家会員さんであり、友人でもあるHさんと話したことがあります。
二人とも、別々の場所で、それぞれの体験を通して得た感覚でした。
著者のトレイシーさんを変えたのも、まさに体感だったと思います。
人間の根源、生と死に向き合うという体験を通して変わっていった心。
あんまり言うとネタバレになって楽しみを奪うかもしれないので、やめときます。笑
私は最後の章、パート6が一番興味深かったです。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akemi

Author:akemi
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく
周りの人も元気になれます!

体と心を整えるお手伝いを
ピラティスとヨガを通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住akemiが
日々感じたことを綴っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。