FC2ブログ

記事一覧

40才以上は運動マスト

 40才以上は運動マストと職場の方に言われたと友人が言ってました。見も知らぬ方ですが、そのコトバに賛成(^^)/ 何もしなければ、歳を重ねる毎に筋肉はおちていくこれは自然の摂理です。10代、20代の頃は「何かしている」という意識がない方でも、(40代以上と比較して)圧倒的に動く機会は多いです。〇〇年前を思い出してみてください。歩いて通学、体育の時間、掃除の時間、お昼休みのドッジボール、部活、と子供の頃は言うに及...

続きを読む

「武器ではなく 命の水を」明日、放送されます。

中村哲さんのご冥福をお祈りします。◆中村哲さん「武器ではなく 命の水を」が放映されます。 12/7土曜 午後11時 12/12木曜 午前0時 NHK、EテレNHKの上記関連ページへのリンクを貼っておきます。 https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259690/index.html...

続きを読む

キャンドル作ってみました♪

キャンドル作りましたーーー(^^)/12/14にイベントをするのですが※参加者募集終了しています、当日の流れの打合せも兼ね、キャンドル講師さんに教えていただきました。「大人なキャンドル」というテーマで作ってみました!気に入ってます(^^)v...

続きを読む

長くつきあいたい

ひとと話すことで自分の思いを再認識することがあります。◆先日、「「隠れ家SPACE」を今後どのようにしたいのか」と尋ねられるということがありました。その会話の中で自分の口から出てきたのが、「いまの会員さんと長くつきあっていきたいし、これから来る方にも長く続けたいと思ってもらえるような場所でありたい」ということ。話しながら、「ああ、そうなのね」と、自分で自分を再認識。◆現在の隠れ家会員さんのなかには、前教...

続きを読む

『君は永遠にそいつらより若い』津村記久子著

 君は永遠にそいつらより若い 津村記久子著ひと癖ある人が好きなので、津村記久子さんの小説の登場人物は共感できることが多いです。「共感」というのはちょっと違うのかな・・・「ああ、わたしはそんな風に言わないし行動しないだろうと思うけれど、でもなんか分かるよ、その感覚・・・」という感じ。今回の主人公ホリガイもひと癖もふた癖もある人物。ヒトは自分と共通点の多い人に好感をもつ傾向があると思うのだけれど、ホリガイさ...

続きを読む

お通じがないとき

お通じに関しては優秀な方だと思います(当社調べ)。ほぼ毎朝食後に出ています。記録をつけているので、みてみましょう。お通じのなかった日は・・・7月―5日8月―3日9月―4日10月―4日  (連日なかった日は0)。おお!わたし、1ヶ月のうち2日くらいだと思っていましたので、びっくり。「優秀」は訂正した方がよいのかな。笑(感覚と実際の食い違いを知って、客観的にみること=記録をつける意義をあらためて感じています。)まぁ、...

続きを読む

恥をかくことを恐れない

わたし、恥をあまりかきません。自覚症状がないだけかもしれませんが。笑人前で恥をかいたという記憶が……思い出せない…。これは、決して「できる人間」というわけではなく、「できそうにないことを避けて通っている」からだと思います。これでは成長せんぞ、わたし。ということで、 恥をかくことを恐れないを、最近の自分の課題にしているのですが、その甲斐あって先日恥をかきました。◆ピラティスインストラクターであることが参...

続きを読む

『シュナの旅』宮崎駿著

これは名作だ!!!ご存知宮崎駿さん。『シュナの旅』チベットの民話「犬になった王子」がもとになっていると〈あとがき〉に書かれています。同じく〈あとがき〉より 十数年前、はじめて読んで以来、この民話のアニメーション化がひとつの夢だったのですが、現在の日本の状況では、このような地味な企画は通るはずもありません。(略)今回徳間書店の人々のすすめもあって、何らかの形での自分なりの映像化を思いたったしだいです...

続きを読む

『大人のための社会科 未来を語るために』井手英策・宇野重規・坂井豊貴・松沢裕作

  大人のための社会科 未来を語るために貸していただいた本です。Aちゃん、ありがとう。 社会をほどき、結びなおすために ―反知性主義へのささやかな抵抗と書かれた「序」から「第12章」まで。4部に分けられ、すぅっと読みやすい構成になっています。著者が四名。序・2・9・11章は井手英策さん、6・8・12章宇野重規さん、1・4・7章坂井豊貴さん、3・5・10章松沢裕作さんという風に、担当の章がばらけているのも面...

続きを読む

スクワットは膝から曲げないでね(^_-)-☆

某ジムでひとりトレーニングしていたとき、スタジオでバーベルをかつきながらスクワットをする方々が目に入ってきました。!!!!!  膝から曲げちゃアブナイですよーーーと、思わず叫びそうになりました(^_^;)スクワットは、股関節-膝関節-足関節のじゃばら運動。膝も曲げますが、膝主動ではありません。スクワットをするときは膝メインではなく、坐骨を開いて股関節を屈曲していきましょう。「股関節と足関節は屈曲意識で、膝...

続きを読む

プロフィール

あけみ

Author:あけみ
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく周りの人も元気になれます。

体と心を整えるお手伝いを
マットピラティス他を通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住akemiが
日々感じたことを綴っております。

今日も明日も好い加減で(^^)♪