FC2ブログ

記事一覧

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』監督:ヨン・サンホキャスト:コン・ユ、、キム・スアン、チョン・ユミ、マ・ドンソクほか〈ゾンビもの〉なのですが、ハラハラ・ドギドキだけではないです。人間ドラマもしっかりと描かれています。「ゾンビを走らすのはやめてくれ」と常日頃は思っているのですがw、それをも許せる面白さでした。 ☆公式サイトhttp://shin-kansen.com/←※音が出る?かもご注意あれ。『ウォーキング・デッド...

続きを読む

益田ミリ著『永遠のおでかけ』 と母が危篤だったとき

読書会のサポーター仲間が貸してくれました♪益田ミリ著 『永遠のおでかけ』お父様との永遠のお別れ。お父様との思い出を軸に記されたエッセイです。 ☆参考にアマゾンリンク 新幹線は動き出した。死んだ父親に会いにいくという、人生最初で最後の帰省である。 今夜、わたしが帰るまで、生きて待っていてほしかった。 母からの電話を切ってすぐはそう思ったのだが、新幹線に揺られる頃には、それは違う、と感じた。これは父の死...

続きを読む

ビバ☆ピラティス

 〈自分の体についてものすごく気づきがあって、感動してるところ〉とピラティスインストラクター仲間Aちゃんからのライン。うん、うん。わかる、わかる。その気持ち!何度も何度も同じことをやっているし、何度も同じことを教わってたり聞いてたりもするのだけれど、何故かあるとき、ふっと気づく瞬間がくる。腑におちる瞬間がくる。ピースがはまる瞬間。その瞬間の感動。楽しさ。これがあるから、ピラティスはやめられないね。...

続きを読む

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 監督:フアン・アントニオ・バヨナ キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、レイフ・スポール他一難去ってまた一難、去ってまた一難、去ってまた一難・・・とくり返される無限ループのような、ジェットコースターのような映画でした。ふ~~~肩こったw。女の子の部屋のあのシーンは、バヨナ監督節?炸裂でしたね。コワ美しい。  ☆『ジュラシック・ワールド/炎の...

続きを読む

芥川龍之介著『地獄変・偸盗』 とエゴについて

 芥川龍之介著『地獄変・偸盗』『偸盗』『地獄変』『竜』『往生絵巻』『藪の中』『六の宮の姫君』の6篇からなる短編集です。 ☆あらすじなどの参考にアマゾンへリンク『地獄変』の良秀は画師(えし)です。物語の中のエゴは面白く、ときに素晴らしいとさえ感じることもありますが、現実生活でエゴを振り回されるとたまったものではありません。良秀のような芸術家のエゴは、その芸術家自身にも刃が向いていて共感できる部分もあ...

続きを読む

メッセージカード形式になりました。

サポーターをさせていただいている読書会。午前の部「推し本紹介」で変わったところが。最新↓それまで↓今回より「メッセージカード形式」が導入されました!全体発表も、メッセージを読み上げるスタイルに。当日、会が始まる待ち時間を利用して書いていただいてもOKです(カードも準備されています)。わたしは読書会前日に書いてみたのですが、気楽に書いてみたら200字超え(汗汗)削って削って130字くらい(汗)で、最終的に10...

続きを読む

映画『怪物はささやく』

現在公開中の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』がバヨナ監督だということを知り、おおっとこの映画を紹介し忘れていた、と今回。 『怪物はささやく』 監督:J・A・バヨナ キャスト:ルイス・マクドゥーガル、フェリシティ・ジョーンズ、シガニー・ウィーバーほか  ジュラシックシリーズといえばCG技術を駆使した迫力ある映像が印象的ですが、上記の最新作では、恐竜ロボットを遠隔操作で動していたりとCGだけに頼っ...

続きを読む

ヒト(わたし)ってコワイ

美容院でシャンプー中のこと、「お湯加減いかがですか?」と美容師さん。「はい。良いです」とわたし。一見、まったく問題のない会話なのですが・・・・・・・ワタクシ、このとき、反射的に返事してたのですよね~。つまり、熱いのか/ぬるいのか/ちょうどよいのかなんて感じることなく応えていた。。(ひぇーーー)たいしたレベルの話ではないし、どのみち自分にふりかかってくること(熱すぎたり冷たすぎたりして困るのは自分)だ...

続きを読む

『自分なくしの旅』みうらじゅん著

MJといえば・・・・・昔、我が家のベランダに鳩が住みつき子どもを2羽生んだのですが、その小鳩の名前を「アイデン」&「ティティ」にしていた程度のMJファンでございます。(ちなみに、鳩がベランダに来るようになったら、早い段階で防御することを強くオススメします。小鳩カワイイねぇなんて言ってたら、えらい目にあいます!!!)ということで、今回ご紹介の本は、読書会でご一緒したMJマニアの方ににオススメいただい...

続きを読む

川上弘美著『赤いゾンビ、青いゾンビ』と肋骨おさめて

『センセイの鞄』などの著者・川上弘美さんの日記シリーズです。  東京日記5 『赤いゾンビ、青いゾンビ』 川上弘美著、絵:門馬則雄  わたしと同じくらいの年のおばさんたちの集団が、楽しそうに笑いさざめきながら、うしろを歩いている。 近ごろはやりの「体幹」の話題で盛り上がっているもよう。「姿勢よくするって言っても、へんなふうにしゃっちょこばってぴんとすると、腰を痛めるからね」「体幹がしっかりとしてると...

続きを読む

プロフィール

akemi

Author:akemi
いきいきとした人生を送るうえで
体と心のメンテナスはかかせません。

体と心が整うと、エネルギーが満ちてきます。
あなたが元気になるだけでなく周りの人も元気になれます。

体と心を整えるお手伝いを
マットピラティス他を通じておこなっている
1968年生まれ、大阪在住akemiが
日々感じたことを綴っております。

今日も明日も好い加減で(^^)♪